岩国の星空と自然のギャラリー

テーマは「岩国の美しい空をいつまでも」☆彡  岩国天体同好会の活動を中心に、星空、自然、ローカルな話題を紹介していきます。         

トップ画面はMYさんが 2018.1.18 に岩国で撮影されたイプシロン3号ロケットです。

8月12日の月例会は新型コロナの為中止とします。

ペルセウス座流星群の夜ですが帰省週間の真っただ中です。屋外の活動なので3密には当たらないと思いますが、念のため中止とします。

ただ旧祖生東小学校の校庭は当日開放しておりますので、個々にご鑑賞してください。

次回は9月20日(日)土星、木星、火星接近鑑賞です。

投稿:M-Y

10月6日の準大接近に向け、次第に明るくなってきた「火星」を撮ってみました。

今は、未だ視直径も小さいです。
10月頃は、午後9時には見えやすい高度になるので楽しみですネ。

どうか、今回はストーム(砂嵐)が発生しないよう、お願いします!(笑)

GPV気象予報で雲の切れ間の時間帯を気にしながら、
8月9日の真夜中、
雲の往来が頻繁にありましたが、
なんとか意中の「火星」をゲットすることができました。

鏡筒はSkyWatcher BKMAK180(2700㎜F15)×2バローです。
前回の「木星」・「土星」も同じ鏡筒(×2バロー)なので、大きさの比較ができると思います。
最接近時には、この1.5倍の大きさになります。
2020.08.09



本当は「金星」も撮りたかったのですが、
近くの製紙工場の煤煙の風向きが悪く、視界を邪魔します。
この火星の画をアップして、寝ることにしましたぁ。

お休みなさい・・・☆彡


投稿:イッシー

 今日は前日に比べて比較的条件が良かったのでNEOWISE彗星を捉えることが出来ました。
30秒露出20枚コンポジットの画像をアップします。画像1.はトリミングなし、画像2.は画像1.をトリミングしたものです。

画像1. 30秒露出を20枚コンポジット(200mmF4)
NEOWISE_6D_1_200805_02

画像2.
NEOWISE_6D_1_200805_01

 条件が前日よりいいので、ダストの尾(?)が確認できますかね? 今日は月明かりの影響が減少しましたので前日よりは明瞭な画像が得られたと思います。(O.T.)


 今日は西の空に靄がかかった状態でしたが、NEOWISE彗星を捉えることが出来ました。露出20秒30枚コンポジットの画像をアップします。画像2.は画像1.をトリミングしたものです。

画像1. 露出20秒30枚コンポジット(200mm F4)
NEOWISE_6D_200804

画像2.
NEOWISE_6D_200804_1

 かなり、暗くなっています。月齢が21を過ぎるころまでには散光星雲の撮影モードに切り替えますのでここ数日でNEOWISE彗星とはお別れとなります。5000年という周期(?)でこの彗星に会えたことはある意味奇跡だと思います。本当にありがとうです。(O.T.)


NEOWISE彗星が急に暗くなってしまったので、気分転換に惑星を撮ってみました。

GPV気象予報では、曇り予想でしたが、ベランダに出てみると、やや薄雲はあるものの、何とか撮れそうだったので、久しぶりに、練習も兼ねての撮影です。

シーイングは安定せず、滅茶苦茶でした。
お恥ずかしい画ですが、記録画として投稿いたします。

鏡筒は、SkyWatcher BKMAK180(2700㎜F15)に2倍バローを使いました。

❶木星
 撮影中は写野内で踊りまくっていましたが、画像処理で誤魔化しています(苦笑)
2020.08.03-1



❷土星
 同様に撮影条件は良くないですが、これも画像処理の産物です。
2020.08.03




温度順応もさせず、いきなりの撮影でした。
少しはリハビリできたと思うので、次回はもう少し頑張ろうと思います。


投稿:イッシー

↑このページのトップヘ