岩国の星空と自然のギャラリー

テーマは「岩国の美しい空をいつまでも」☆彡  岩国天体同好会の活動を中心に、星空、自然、ローカルな話題を紹介していきます。         

トップ画面はMYさんが 2018.1.18 に岩国で撮影されたイプシロン3号ロケットです。

市の広報誌(9月15日号)に掲載されたので、ブログ記事も解禁ですねぇ(笑)

本年11月14日(木)から11月19日(火)の間、
岩国市民文化会館の1F展示室で「星空の写真展」が開催されることになりました。
テーマは「美しい空をいつまでも」です。

今回の写真展は、天体写真愛好家のみに止まらず、一般の方からも「天体写真」の応募を行い、来場される方々に、郷土の財産である「美しい星空」に興味を抱いていただくとともに、環境問題にも目を向けていただくことを目的としています。

・DSCF4990

開催決定にご尽力をいただいた「K村先生」には、この場をお借りして御礼を申し上げます。
ありがとうございます

また、岩国天体同好会メンバーだけでは足らない出展数について、
周南天文同好会の皆さま
近隣の星仲間(友人、知人)
にお声かけしたところ、当会を上回る素晴らしい作品が続々と寄せられています。
感謝、感謝です ☆彡

今後は、写真展の開催に向けて、岩国市科学センター、NPO法人錦川環境教育学会と連携しながら、同好会メンバーが力を合わせて諸準備を行うこととしています。

開催の暁には、一人でも多くの方に来場していただきたいと願っております。


投稿:イッシー

 夜には秋の虫の音が聞こえてきますが、まだまだ日中は熱いですねぇ(;´・ω・)

 年末の12月26日(木)には、部分日食があります。
 岩国市科学センターの天体クラブでは、児童生徒を対象とした観測会が開催される予定です。
 私は、休暇が取得できれば、Hα太陽望遠鏡、ソーラーフィルター望遠鏡の2台体制で参加者に観望を楽しんでいただこうと思っています。

 そこで、
 試しに、こんなグッズを買ってみました。
【左】太陽観測ができる下敷き 399円(送料込み)
    材質的に柔らかく、炎天下では少しの時間でもフニャフニャ感が出てくるので、
    危険な印象が残ります。
    1分以上は連続して見続けないようにとの注釈があります。
     (これは「日食めがね」でも同じことが言えます。)
    少しでも不安を感じる人は、購入を遠慮された方がベターでしょう。
【右】どっちもクリップ(フレシキブルアーム32㎝) 1004円(送料込み)

1


 (下敷き裏面の取扱説明書 ➢ 一応、安全な品物かと思われますが・・・自己責任ということでご覧ください。) 

2




 装着例をご紹介します。
 ・・・ こんな感じですが、途中からフニャっと感あり ・・・

3

 (太陽専用自動導入自動追尾経緯台「ソーラークェストマウント」)

4

 (下敷きの円内が太陽像です)

5




 雲が多かったので、一旦は機材を撤収したのですが、
 また晴れてきたので、気を取り直して撮影したのが次の画です。

 (久しぶりに、やや大き目なプロミネンスが出ていました

2019.09.08 SUN




投稿:イッシー


昨日(8/31)の月例会は「中止」でしたが、あいあいセンターに行き、ドーム内に入らせていただきました。           

1


目的は、以下の2点です。
①中止のアナウンスが伝わっていない一般参加者への対応
 さすがに、この曇空では一般参加はありませんでした。
 今回は指定管理者との共催でしたから、もしも一般参加があって、その時に岩国天体同好会から誰も来ていなかったでは、指定管理者の信頼を失わせ、悪い印象を与えてしまうと考えたからです。
②ドーム内の清掃
 8/24に国立天文台の阪本教授を招いて開催された「天文教室」の際、パソコン周辺が埃っぽいと感じました。
 今日は時間があり余っていたので、ドーム内全般を雑巾がけ、掃除機で清掃しました。
3 50
 10年以上も前、K村先生が、使わずに眠っていた埃だらけのこの望遠鏡を一生懸命に雑巾がけをし、復活されたのだなと感慨深い思いに浸りつつ、私も懸命に清掃しました。

2 50


                     
これまで何度か観望会で利用させていただいてきた、ほんの御礼のしるしです (*''▽'')

そうこうしていたら、
午後7時頃に、M-Yさんが来られました。
雲が多くて、観望できる状況ではなかったので、スリットを閉じた状態での模擬操作を実演していただきました。          

4



掃除が終わり、清掃用具を事務室に返しに行ったついでに戸外に出てみると、
なんとまぁ、「土星」が輝いていました☆彡
あわてるようにドームに引き返し、M-Yさんが「土星」を導入しようとしたのですが、雲が邪魔しました。

仕方ないので、右隣り(南)を見ると、雲のまにまに「木星」が輝いていました。

6 50



もしも、ちょっとでも晴れたら、木星の衛星を撮りたい ・ ・ ・ ・
そう思って念のため持参したデジイチ(KissX4)で、瞬撮したのが下の画です。

2019.8.31 ガリレオ衛星



左上から順に
 エウロパ ➢ 【木星】 ➢ イオ ➢ ガニメデ ➢ カリスト  です。

[ガリレオ衛星の配列]は、以下を参考にさせていただきました。
http://park12.wakwak.com/~maki/JupitersMoons.htm


この後、暫くは土星の方角を凝視しましたが、どうしても雲が逃げてくれないので、諦めて「退散」しました。
ほぼ空の全域で雲に支配されっぱなしではありましたが、
なんとか、木星の観望、衛星の撮影ができました。


投稿 イッシー

 明後日(8/31)に予定されていた岩国天体同好会の例会は、天候不順のため「中止」します。

 今回は、あいあいセンター「玖珂天文台」において、周南天文同好会さんとの交流会及び一般参加を募っての観望会が予定されていました。
 しかし、現状の天気予報では、ドームスリットを開くこともままならない状況のため、苦渋の決断(「中止」)です。
 玖珂天文台は一般利用が認められておらず、こんな機会はなかなかないので非常に残念です。           

あいあいセンター

 ドーム内には、県下で2番目に大きな口径50㎝反射望遠鏡(ニュートン・カセグレン兼用)が鎮座しており、鏡胴の周りには、7㎝ファインダー、12㎝ED屈折望遠鏡、8㎝屈折望遠鏡(太陽フィルター装備)が同架されています。

 優秀な機材を有効利用するため、一年間に5回程度、一般市民を対象とした「天文教室」が開催されているようです。
 この天文台で神秘の宇宙を覗いてみたい方は、その天文教室に参加されてみてはいかがでしょうか。

 ところで、岩国天体同好会は、平成26年6月に設立されました。
 月に一度の例会を主に活動している、小集団です。
 ここ最近は、会員以外の一般参加者が例会に足を運んでいただけるようになり、一緒に星見を楽しませていただいております。

 本年1月に作成した月例会「年間計画」周知用チラシについて、
 Livedoorブログに移行した関係から、同チラシを一部改訂(Yahoo!をLivedoorに訂正)してみました。           

無題


今年も余すところ少なくなってきましたが、
あいあいセンターの窓口の置いていただくようお願いに行こうと思います。


投稿 イッシー


はじめまして☆彡
Yahoo!ブログから移行して参りました。

テーマは「岩国の美しい空をいつまでも」
岩国天体同好会の活動を中心に、星空、自然、ローカルな話題を紹介していきます。


が、最初から大失敗です!
移行した後は、以前のブログ「岩国天体同好会」ページでは、新しい記事を投稿できないという落とし穴があったのですねぇ~ 

                                                          ガァ~ン! ( ;∀;)

以前のブログを目当てにアクセスされても、
同好会会員は、記事の更新(登録や修正)ができません。
ちゃんと、こちらのLivedoorに転送されるでしょうか・・・?

また、会員以外で「お気に入り」登録いただいていた方も、ちゃんとこちらにご訪問いただけているでしょうか?


再スタートのはずが、「リセット」になってしまいました (苦笑)
ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません m(__)m


レイアウトなど、まだ「工事中」の段階ですので、随時、調整して参ります。

最初の記事なので、岩国に因んだ写真をUPします。
これまた旧ブログでのペンネーム:M-Yさん撮影の「ISSと錦帯橋」です。見てるよISS-001



それでは、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


ペンネーム: イッシー(旧ペンネーム IS)

↑このページのトップヘ